ホワイトニング歯磨き粉・ジェルで自分で歯を白くしよう!

 

歯のホワイトニングであなたの印象度が確実にアップします!

当サイトのにお越しの、アナタはたぶん「歯の汚れを気遣う。意識の高い人」だと思います。

 

歯が黄ばんでいる人の印象は、あまりよくありません。

 

歯の汚れが目立つだけで、その人の価値さえ下げてしまうこともあります。逆に、歯が白くて、笑顔が素敵なだけで、その人の印象は高まるのは事実です。

 

歯の白さをキープする為に、日頃から歯のホワイトニングを意識して生活することが大切です。

 

歯を白くするホワイニングの方法は大きく分けて、2通りあります。

 

ホワイトニング歯磨き粉で自分でホワイトニングする!
歯科や専門機関でホワイトニング施術を受ける!

 

※ホワイトニング施術を受けた後は、自分でケアすることで白さがキープできます。

 

 

 

当サイトでは、歯のホワイトニングが自宅で行える、ホワイトニング歯磨き粉を紹介しています。

 

近頃の、アイテムは、歯の汚れを落として白くするのはもちろん、口内のトラブルの予防やケアも行えるような、商品が登場しています。

 

日頃から、使うことで、歯の白さはもちろん、口内の健康も維持できます。是非、取り入れてみてください。

 

次に、おすすめの人気のホワイトニング歯磨き粉をランキング形式で紹介します。

 

ホワイトニング歯磨き粉ランキング

薬用ちゅらトゥースホワイトニングの特徴

沖縄生まれの歯のホワイトニング用の美容液!

歯を白く、健康へと導く有効成分を配合したホワイトニング歯磨き(歯の美容液)です。

「ポリアスパラギン酸」が、黄ばみやステインをしっかり除去してくれ、「ビタミンC」や「リンゴ酸」が歯についた汚れを落としてくれます。

さらに、虫歯や歯周病の予防の為に、新成分「GTO」を配合しています。

使い方は、朝晩の歯磨きの後に、歯ブラシに付けてやさしく歯をブラッシングするだけです。

価格 3980(税別)円
評価 評価5
備考 定期初回:¥3980円(税別) 二回目以降:¥3980円(税別)
薬用ちゅらトゥースホワイトニングの総評

自分で手軽に歯のホワイトニングしたいと考えている方には、一度、試してほしい歯を白くしてくれる歯の美容液です。

オーラパールの特徴

歯を白く健康な状態に導く「9」の有効成分を配合!

効果を実感、安全性を両立する為に、約8年かけて開発しています。

歯周病対策と歯の美白が1本でケアできる薬用歯みがきオーラパールは完成しました。製薬会社の開発力を結集して作り上げた商品です。
オーラパールは、歯の悩みの中でも最も多い、黄ばみ、口臭を除去できるように開発されています。

他の歯磨き粉よりも有効成分をふんだんに配合しておりますので、もう黄ばみや口臭など自信が持てない生活とはお別れです。

価格 1944(税込)円
評価 評価5
備考 初回だけの限定割引価格
オーラパールの総評

美白成分と歯周病予防成分を同時に配合。とにかく効果実感を追及、歯の黄ばみ、口臭を除去!!

トゥースメディカルホワイトEXの特徴

芸能人の愛用するホワイトニング歯磨き粉!

注目成分の「ウルトラメタリン酸EX」を高濃度で配合。その結果、前代未聞のホワイトニングパワーを実現しています。

「ウルトラメタリン酸EX」は、歯の汚れをはがすと同時に、エナメル質をコーティングするので、白い歯が長持ちします。

自宅で女優のような「美しい歯」へ導いてくれます。

価格 3560(税込)円
評価 評価4
備考 14日間の全額返金保証

薬用パールホワイトPRO EXプラスの特徴

自宅でブラッシングするだけで輝く白に!

「薬用パールホワイトPRO EXプラス」は、リンゴ酸をはじめ歯の漂白に必要な成分がおしげもなくは配合されている為、頑固な、黄ばみやヤニ汚れもあっと言う間に除去して、美しい歯へ導いてくれます。

実験でも、数年前の汚れが付いた歯を液に浸すと約90%の汚れが落ちることを確認しています。

美容歯科で「ホワイトニング」のような実感が期待できます。

価格 8400(税込)円
評価 評価4
備考 1本(約2週間分)

トゥービーホワイトエッセンスの特徴

植物のチカラで歯を白く!

トゥービー・ホワイトエッセンスは、毎日の歯磨きでは落としにくい汚れを、植物のチカラで落とします。

その植物とは、「スイカズラエキス」です。口の中だからこそ植物由来に徹底的にこだわっています。

キトサン、シルクとの相乗効果で、ツルツルの白い歯を目指せます。

価格 2800円
評価 評価3
備考

ホワイトニング歯磨き粉のタイプ

ホワイトニング歯磨き粉には、大きく分けて種類が【2】種類あります!

 

 

歯を白くするホワイトニング歯磨き粉には、大きく分けて【2】種類のタイプに分けられます。一つは、通常の歯磨き粉としても使えるタイプで、もう一つは、歯を白くするホワイトニング機能に特化した歯磨き粉です。

 

通常の歯磨き粉タイプ

いつもの歯磨きの時に、ただ、「ホワイトニング歯磨き粉」に変えるだけです。その為、とても手軽にホワイトニング出来るタイプです。

 

また、虫歯予防や口内の健康や口臭などのオーラルケアも同時に出来るのが大きなポイントだと言えます。ただ、ホワイトニングの効果は特化型に比べて引くいのが一般的です。

 

代表的な歯磨き粉:オーラパール

 

ホワイトニング特化タイプ

歯を白くするホワイトニング機能に特化させた歯磨き粉(ジェル)です。

 

いつもの歯磨きは通常通り行い、別途、ホワイトニングの為に歯を磨くタイプです。通常は、いつもの歯磨きで歯の汚れを落とした後に、使います。

 

一般的ににホワイトニング効果が高いと言われています。また、虫歯や歯周病、口臭予防などに効果的な商品も登場しています。

 

代表的な歯磨き:薬用ちゅらトゥースホワイトニングトゥースメディカルホワイトEX

 

ホワイトニング歯磨き粉の成分

 

ホワイトニング歯磨きに主に含まれている成分を説明します!

ポリアスパラギン酸(PAA)

PAAのアミノ酸高分子が口臭や歯の汚れの原因となるたんぱく質と反応して凝固する作用を利用して、通常の歯磨きでは落ちない汚れを浮かせて落としてくれます。

 

ハイドロキシアパタイト

歯が黄ばむ原因となる、歯の表面のエナメル質の傷を修復してくれる働きがある。

 

メタリン酸

歯の汚れを落とします。コーヒー、紅茶、赤ワイン、タバコなど嗜好品によるステインの除去に特に効果的です。

 

ポポリン酸

ポリリン酸が持つ強い結合力により、歯に付着している汚れを除去します。さらに、ポリリン酸自体が歯に付着してコーティングするため、ステインや歯石の再付着を防止する効果もあります。

 

マクロゴール400

タバコやヤニなどの歯に付着した汚れを溶かして除去してくれます。

 

リンゴ酸

歯の着色汚れを落とすとともに、再び付着するのを防いでくれます。

 

塩化セチルピリジウム・イソプロピルメチルフェノール

歯肉炎や歯周病の原因となる菌を殺菌してくれます。

 

グルチルリチン酸

抗炎症、抗アレルギー作用で歯周病の発赤、腫れを抑えてくれます。

 

GTO

ウーロン茶抽出物とホップエキスからなる成分で、虫歯の原因となる「GTase(不溶性多糖類合成酵素)」」を抑制することで虫歯を予防します。

 

ホワイトニング歯磨き粉の効果を高める方法

 

ホワイトニング歯磨き粉の効果を高める方法を紹介します!

 

日頃から歯の汚れに注意

ホワイトニング歯磨きで、白い歯を目指しても、常に歯を汚していては意味がありません。日頃から、歯を汚さないことが大事です。

 

歯が汚れる理由はさまざまですが、歯を汚さない一番の方法は、常に歯や口の中をキレイにしておくことです。

 

特に、「たばこ」のヤニや、「コーヒー」、「紅茶」、「赤ワイン」など色素が歯の黄ばみの大きな原因となります。

歯が汚れやすい主な食品

  • お茶類:コーヒー、紅茶、日本茶、ウーロン茶など
  • ポリフェノールが多い食品:赤ワイン、ぶどう、チョコレートなど
  • 色の濃い食品:カレー、ブルーベリー、ミートソーススパゲティーなど

つまり、「たばこ」を吸ったり、これらの食品を食べた時には、すぐに、歯磨きなどで歯の汚れを落とすのが大事になります。

 

 

ホワイトニング歯磨きはしばらく継続する

ホワイトニング歯磨きで、汚れを落として白くなってくると、すぐに使用をやめてしまう方が多いようです。せっかく白くなってきたのにやめてしまうのは、とても勿体ことです。

 

「費用」も掛かりますし、「面倒くさい」と思いますが、歯が白くなってきても、継続、または、定期的にホワイトニング歯磨きを使うようにしましょう。

 

 

 

使ってはいけないホワイトニング歯磨き粉

 

使ってはいけないホワイトニング歯磨き粉について説明します!

 

 

重曹歯磨き

一部では、重曹で歯を磨くと「歯が白くなる」と言われ実践している方もいるようです。確かに、重曹には、研磨力があり、一見、効果があるように思えます。

 

しかし、とても危険です。

 

重曹で歯の汚れが落ちたように、見えるのは、研磨力で歯の表面を削って、歯の汚れを落としている為です。歯のエナメル質を傷つけてしまうので、さらに汚れが付きやすくなってしまうのが現実です。

 

それどころが、歯茎にまで悪影響が出る可能性もあるので、重曹の歯磨きはやめましょう。

 

「過酸化水素」や「過酸化尿素」が含まれるが海外のホワイトニング歯磨き

歯のホワイトニングに「過酸化水素」や「過酸化尿素」という物質が含まれている製品が、個人輸入などで販売されています。

 

日本では、販売されていません。なぜなら、日本では配合できない成分が入っているからです。個人輸入で使うことはできますが、全ては自己責任です。

 

当サイトとしは、使用は控えたほうが良いと考えます。

 

 

歯科でのホワイトニングは少し高い!

 

歯科でのホワイトニングについて簡単に説明します!

 

 

「ホワイトニング」は、大きく分けて、2つの方法で行われます。一つは、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、自宅で自分で行う「ホームホワイトニング」があります。

 

また、この両方のホワイトニングを同時に進める方法もあります。

 

歯科で受けることが出来る「ホワイトニング」は、保険の効かない自由診療となり比較に費用が掛かります。また、各歯科医によって価格差があるので注意が必要です

 

オフィスホワイトニング

歯科でのホワイトニングは、主に海外で開発された仕組みを利用してた施術になります。高濃度の過酸化水素などの漂白剤を使用して歯を白くする方式です。

 

費用は、一般的な歯科医で、1回当たり【約3万〜約5万円】掛かります。ホワイトニングは、保険の効かない自由診療なので価格に幅があります。ホワイトニング専門歯科の場合は、一般歯科に比べて格安で提供してるところもあるようです。

 

ただ、ホワイトニングを行う場合は、「歯」が正常な状態であるか診断され、「虫歯」、「歯周病」などがある場合は、それらを治療した後にホワイトニングを行うこともあります。

 

また、ホワイトニングを行う前には、通常は、歯の「クリーニング」を行い、黄ばみや歯石などの「歯の汚れ」を落としてから行います。

 

 

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、文字通りで自宅でホワイトニングを行います。

 

 

「オフィスホワイトニング」のように即効性はありませんが、一週間程度で明らかな効果を感じることが出来ます。

 

その理由は、自宅で行うために、安全性を高めた「弱い漂白剤」を使うのが主な理由です。

 

まずは、歯科医院で「歯」の診察を行い、問題ななければ、ホワイトニング用「マウスピース」を作成します。

 

一度、「マウスピース」が出来ると、後は、ホワイトニング用の薬剤を購入すれば、繰り返しホワイトニング出来ます。

 

費用は、一般歯科で【約2万〜約4万円】掛かります。ホワイトニングの薬剤は、1週間分で【約1万】程度掛かります。

 

 

歯の汚れは思った以上に見られている!

 

歯並びや歯の汚れは思った以上に見られているのを知ってますか?

 

 

外国の人は、日本では考えられないふほど、「歯の美しさ」が大事です。日本人は、「歯の美しさ」に対しては、外国の人と比べて、かなり変わった考えを持っているようようです。

 

近頃は、だいぶ意識も変わってきているようですが、まだまだのようです。

 

第一印象で歯が驚くほど見られている!

男女が初対面で合った時には、いろいろな個所を一瞬で判断して、第一印象が決まります。「顔」、「髪」、「スタイル」、「肌」などさまざまです。

 

その中でも、「歯」の印象は、とても大きいポイントのようです。歯が汚いと「とても気になる」人が、とても多いというアンケート結果もあるようです。

 

いくら、「顔」が美しく、「良いスタイル」でも歯が汚いとそれだけで、「印象」がガタ落ちです。

 

手軽に出来る「歯を白くする歯磨き」でセルフケアする事をおすすめします。

 

マイナビニュースでは、会員の男女600人に「異性の歯が与える印象」について調査を実施。「異性の歯や口元が汚れているのが気になった経験がありますか?」という質問を投げかけてみたところ、4割の女性が「ある」と回答しました。(ちなみに、男性で「ある」と答えたのは19%)また、「初対面の異性の顔で案外気になるのはどんな時?」という質問に、「歯が汚れている場合」をあげた女性が約半数(44.7%)もいました。女性って、けっこう男性の「歯」を見てるんだなーということが分かりますよね。(出店:マイナビニュース

 

歯が汚い女性はモテてない!

ある「Q&Aサイト」で【歯が汚い女性はどう思か?】という質問がありましたが、その結果はひどいものです。

 

男性は、「女性の歯の汚れ」は許せないようです。

●どんなに美人でスタイルよくても、歯が汚い・虫歯・八重歯・歯並び悪いのはNGです。
●きっと衛生面を気にしない人なんだなと。だから共同生活は避けたいと思います。
●歯が汚い人・・嫌ですね。 友達にもなりたくないです。
●私も歯が汚い人、ガチャ歯は生理的に受け付けないです。
●イヤだ。口臭が一番嫌い。あと爪が汚い人。不潔。
●歯の汚い人って嫌ですよね?生活全てを表してるようで。

 

出典:ヤフー知恵袋

 

ホワイトニング歯磨き粉の「あれこれ」

 
使いやすいホワイトニング歯磨き粉を選ぶ

ホワイトニング歯磨き粉といっても、様々なタイプの歯磨き粉がありますので、購入の際には、使い続けられるタイプを選ぶことが大切。では、使いやすいホワイトニング歯磨き粉の選び方について、ご紹介しましょう。ホワイトニング歯磨き粉には、どういったタイプの歯磨き粉があるかというと、ジェルタイプのものチューブタイプのもの、パウダータイプのもの、水無しで使用するタイプなど様々なタイプがあります。

 

ホワイトニングの効果について

ホワイトニング歯磨き粉は、「本当に、白くなるのだろうか?」と思っている方、多いのではないでしょうか。せっかく、ホワイトニングケアのために取り入れる歯磨き粉ですから、効果が気になりますよね。では、ホワイトニング歯磨き粉の効果について、ご紹介しましょう。ホワイトニング効果を得るためには、ホワイトニング成分が配合されている歯磨き粉かどうか、チェックすると良いでしょう。

 

重質炭酸カルシウム入り歯磨き粉について

ホワイトニング効果を重視して、選ぶのであれば、重質炭酸カルシウムが配合されているタイプの歯磨き粉がおすすめ。では、重質炭酸カルシウム入り歯磨き粉について、ご紹介しましょう。ホワイトニング効果があるというと、「歯に、傷がつかないだろうか」「歯が、削れてしまわないだろうか」と不安に思われる方も多いと思います。

 

コストパフォーマンスのチェック

ホワイトニング効果のある歯磨き粉でも、料金にかなりの差があり、驚いている方も多いのではないでしょうか。「こんなに、料金に差があると、どういったものを選んだら良いのか、分からない」という方もいるでしょう。中には、数百円で購入出来るものもあれば、10,000円前後するものもありますから、「安いと、効果がないのでは?」と心配になる方もいるでしょう。では、ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ際のコストパフォーマンスについて、ご紹介しましょう。

 

研磨剤配合のホワイトニング歯磨き粉

ホワイトニング歯磨き粉に含まれている、研磨剤について、ご紹介しましょう。研磨剤の役割は、これらの汚れを落とすだけではなく、歯をツルツルの状態にしてくれるという働きもあります。しかし、研磨剤と聞くと「歯が削れてしまうのでは?」と不安になる方も多いでしょう。実は、実際には研磨剤が含まれている歯磨き粉でも、歯を削るほどの強力な力はないといいます。ということは、歯磨き粉に含まれている研磨剤であれば、安心して使用することが出来るということ。

 

発泡剤配合のホワイトニング歯磨き粉

発泡剤というと、みなさんはどういったイメージを持ちますか。「プクプクと泡立つ、イメージを持っている」という方も多いのではないでしょう。歯磨き粉には、この発泡剤が含まれているものもあります。では、発泡剤配合のホワイトニング歯磨き粉について、ご紹介しましょう。そもそも、どうして歯磨き粉に発泡剤が配合されているかというと、歯磨き粉を泡立たせてくれ、汚れなどを浮き上がらせてくれるサポート役のため。

 

有効成分配合のホワイトニング歯磨き粉

ワイトニング歯磨き粉の中には、有効成分が配合されているタイプもあるんですよ。では、どういった効果があるのか、ご紹介しましょう。歯磨き粉の中には、薬用と書かれているものがありますよね。歯磨き粉の薬用成分とはどういったものかというと、例えば虫歯予防効果がある、フッ化ナトリウムやフッ素などが配合されている歯磨き粉。ホワイトニング効果の他に、虫歯予防をしたいと考えている方は、これらの成分が含まれたものを選ぶと良いでしょう。

 

 
更新履歴