色の維持について

 

「歯の黄ばみをしっかりと落とすために、歯科医に通おうかなぁ」と考えている方の中には、「歯科医でのケアを行うと、どのくらいの期間、白さを保つことが出来るのだろう?」と思っている方もいると思います。

 

歯科医に通い、費用をかけてケアをすることになりますから、どのくらい維持力があるのか、気になりますよね。

 

では、歯科医でのホワイトニング効果の維持について、ご紹介しましょう。

 

ホワイトニングをはじめて行う方は、実はケア後の1週間程度は着色しやすい状態となってしまいます。

 

そのため、最初のホワイトニングは、1週間後にもう一度ケアをするのがおすすめ。こうしてケアを行うことで、白さを維持することが可能となります。

 

しかし、私たちは普段の生活から食事をしますし、飲み物などを飲みますから、どうしても汚れなどが付きやすくなります。

 

そのため、数カ月に一度はホワイトニングケアを行うことがおすすめ。黄ばみが出てからケアをするのではなく、「ちょっと、色が変わってきたかなぁ」と思った時に、ホワイトニングを行うのが理想的なタイミングといえるでしょう。

 

定期的にホワイトニングを行っていくことで、持続期間は長くなっていきますから、効果も実感しやすいですよ。

 

このように、歯科医でホワイトニングを行う際には、一度のケアだけではなく、定期的なケアが必要ということ。

 

歯の黄ばみなどは、どうしても普段の生活でついてしまうものですから、定期的なケアを心がけましょう。

 

関連ページ

ホワイトニングの費用について
ホワイトニングとなると「どのくらいの費用がかかるのだろう?」と不安に思っている方もいるかもしれませんね。
ホワイトニングに掛かる時間について
歯科医でホワイトニングを行った場合、どのくらいの時間がかかるのか、ご紹介しましょう。
ホワイトニングの痛みについて
「歯科医で、ホワイトニングをしてみたいけれど、痛みが怖い」という方もいると思います。